賭け麻雀

麻雀で賭けをして遊びたい!日本では賭博は禁止!何か方法はないのだろうか??

タグ:摘発

ギャンブルは世界中でとても古くから歴史があるわけですが、「賭け麻雀」もその代表例といえるでしょう。

アジア圏では、オリジナルの麻雀ルールで普及している国もあるくらい広く楽しまれてますよね。
さて、日本国内だと皆さんもご存じの通り、「賭博法」などで規制されているギャンブル。

基本的には「国営」の様な運営されているケースがほとんどです。つまりそれ以外の金銭を賭けてのギャンブルって違法になってしまうわけです。

日本では、賭け麻雀も 近しいところでは政治家が摘発され、辞表を提出したり懲戒処分が行われた例は記憶に新しいです。

ただ、水面下で楽しむ程度のお友達麻雀レートなら警察も黙認しているのが現状の様です。勿論、例外もありますし、基本的には「1円」でも賭けたら違法になりますので注意が必要です。

  • 競馬(農林水産省)
  • 競輪・オートレース(経済産業省)
  • 競艇(国土交通省)
  • TOTO・宝くじ(文部科学省)
  • パチンコ(警察)

日本のギャンブルと管轄の一覧。
これ以外は「違法」。(国内だと)

最近、ネットでも話題のオンラインカジノなどは、この国営ギャンブルの様に海外で正式に政府に許可を得ている企業が運営しています。大体6か月間は最低でもカジノ企業は審査されます。

この、正規オンラインカジノは、現時点の法律では裁かれる内容が存在していません。この為ラスベガスやマカオなどで日本人観光客がカジノを楽しんでいても、日本の警察が摘発しに追いかけてくる可能性は皆無に近いでしょう。ルパンと銭形のとっつぁんの関係性の方なら安全とも言い切れませんがw

あくまで、現段階の法律の時点と書かざるを得ないですが、個人的見解でも、諸外国(主にヨーロッパ)で合法的なものを胴元の摘発なくしてプレイヤーの逮捕の可能性はとても小さいでしょう。

海外カジノの圧力もあるかもしれないですし、イギリス属国諸島そのものから、国際問題発展の可能性のある圧力も予想できます。余談ですが、日本もオンカジを国営事業にすればよいのにと感じてしまいます。

因みに、このシステムで「賭け麻雀」ができるサイトもあるので、麻雀ファン(賭け)の方は、安心して楽しむことができますよ。
勝ち金は勿論換金できますし、負けても「場所代」だけしか掛かりません。負け賭金は掛かります。

国際的なバランスから見ても、オンラインカジノや賭け麻雀、ロト・キノ・ライブカジノなどは、どう見ても効率的で経費を下げれて、顧客も喜ぶ問いう一石二鳥どころでは無いと思ってしまいまス。

【関連記事】
当サイトの正規賭け麻雀サイト情報ページ

DORA麻雀は危険なのか?
というテーマは割とよく検索されているキーワード。

それだけ、ネット賭け麻雀をしたいけど、法的に問題がないか?を心配している方が多いという事でしょう。

結論から言うと、法的には「グレー」であることは間違いないと思います。ですが、過去の事例にもあったように、オンラインカジノの国内逮捕者が略式起訴ののち、無罪になった事実は大きいと言えます。

なぜなら、今後同様の事例発生の際には、この事例を議題に出すことができるからです。裁判の結果は非常に強力な効力を持つ事実なんですよね。


DORA麻雀は場所代が10%【勝ち額】だけです。負けた際は必要ありません。この点も魅力の一つといえますね。


今回は、DORA麻雀の危険性について触れてみました。
限りなく危険性は低いですが、100%法律で守られていると言えば嘘になります。
大切なのは、現時点の法律で、他国の合法カジノに対して日本人がプレイすることを禁止する法律が存在しないという事です。

【関連する人気記事】

公務員が賭け麻雀してバレるとどうなる

ドラ麻雀は「東風戦」、「四人麻雀」「三人麻雀」「高レート卓」でネットライブ対戦を楽しめる賭け麻雀ですが、マスターカードを使って資金を入金できるのかを調べてみました。

実はオンカジ業界は決済方法が良く変更になります。
現時点ではマスター使えます!(^^)!、といっておいて実際は停止されていたとか、ここには書いていない仮想通貨入金に対応していたなどの進化を遂げている場合もありますので、詳細は公式サイト情報をご確認くださいね。

【結論】
いきなり結論で良いかと思います。
ドラ麻雀は「マスターカード」で入金可能です。

dora麻雀 入金 マスター01
画像は公式サイトのものです。

マスターカードのほかにVISAカードにも対応していますね。
大切なのは「入金」のみに使える方法であることです。
出金は電子決済(e-ウォレット)になります。

電子決済には現在ですと、「アイウォレット」と「ビーナスポイント」が使用できます。

最近では増えてきた、プリペイド型のクレジット決済可能なモノでも可能です。(相性はあるかもしれません)。JCBは不可ですので注意しましょう。

【関連記事】

ドラ麻雀 登録やスペックは?


公務員の方、著名人の方などは特に雀荘で低額レートでも摘発・通報されるだけで大問題になりやすい世の中です。

とはいえ、大好きな麻雀という「娯楽・スポーツ・人生」を制限されては面白みもへったくれもないですよね。

是非、麻雀仲間を誘って安全なネット賭け麻雀を★

doramahjong(ドラ麻雀)は、オンラインカジノ運営ライセンスを使用して行われる、合法の賭け麻雀です。

参考記事→ドラ麻雀のカジノライセンスは?


ギャンブルの事を海外ではゲーミング(Gaming)と称します。
ゲーミングライセンスという単語であれば、賭け事を運営するライセンス(免許)の様な意味合いです。

ネット上での賭け麻雀ですから、牌を触ることができないですがスマホさえあれば(PCでも可)、摘発や逮捕されること無く合法で賭けて打つことができます。

雀荘で賭け麻雀している方!

http://doramahjong.livedoor.biz/archives/cat_328091.html


ご家族や社会的地位を危険にさらしてまでやりたい気持ち、理解できます。
そもそも、麻雀は賭けてなんぼです。
ハイレート卓が好きな方は特に。

クジャク

スマホでもPCでも打てる「DORA麻雀」の4人麻雀の最高レート卓「クジャク・赤」。
4人集まらないと開かれないけど、白熱の雀闘になるのは間違いない卓。


ここで賭け麻雀するのは、少なくとも家族と社会的信用を危険にさらすこと無く遊べます。
雀荘仲間もきっとご存知の方もいるでしょうが。






↑このページのトップヘ