賭け麻雀

麻雀で賭けをして遊びたい!日本では賭博は禁止!何か方法はないのだろうか??

タグ:ギャンブル

ギャンブルは世界中でとても古くから歴史があるわけですが、「賭け麻雀」もその代表例といえるでしょう。

アジア圏では、オリジナルの麻雀ルールで普及している国もあるくらい広く楽しまれてますよね。
さて、日本国内だと皆さんもご存じの通り、「賭博法」などで規制されているギャンブル。

基本的には「国営」の様な運営されているケースがほとんどです。つまりそれ以外の金銭を賭けてのギャンブルって違法になってしまうわけです。

日本では、賭け麻雀も 近しいところでは政治家が摘発され、辞表を提出したり懲戒処分が行われた例は記憶に新しいです。

ただ、水面下で楽しむ程度のお友達麻雀レートなら警察も黙認しているのが現状の様です。勿論、例外もありますし、基本的には「1円」でも賭けたら違法になりますので注意が必要です。

  • 競馬(農林水産省)
  • 競輪・オートレース(経済産業省)
  • 競艇(国土交通省)
  • TOTO・宝くじ(文部科学省)
  • パチンコ(警察)

日本のギャンブルと管轄の一覧。
これ以外は「違法」。(国内だと)

最近、ネットでも話題のオンラインカジノなどは、この国営ギャンブルの様に海外で正式に政府に許可を得ている企業が運営しています。大体6か月間は最低でもカジノ企業は審査されます。

この、正規オンラインカジノは、現時点の法律では裁かれる内容が存在していません。この為ラスベガスやマカオなどで日本人観光客がカジノを楽しんでいても、日本の警察が摘発しに追いかけてくる可能性は皆無に近いでしょう。ルパンと銭形のとっつぁんの関係性の方なら安全とも言い切れませんがw

あくまで、現段階の法律の時点と書かざるを得ないですが、個人的見解でも、諸外国(主にヨーロッパ)で合法的なものを胴元の摘発なくしてプレイヤーの逮捕の可能性はとても小さいでしょう。

海外カジノの圧力もあるかもしれないですし、イギリス属国諸島そのものから、国際問題発展の可能性のある圧力も予想できます。余談ですが、日本もオンカジを国営事業にすればよいのにと感じてしまいます。

因みに、このシステムで「賭け麻雀」ができるサイトもあるので、麻雀ファン(賭け)の方は、安心して楽しむことができますよ。
勝ち金は勿論換金できますし、負けても「場所代」だけしか掛かりません。負け賭金は掛かります。

国際的なバランスから見ても、オンラインカジノや賭け麻雀、ロト・キノ・ライブカジノなどは、どう見ても効率的で経費を下げれて、顧客も喜ぶ問いう一石二鳥どころでは無いと思ってしまいまス。

【関連記事】
当サイトの正規賭け麻雀サイト情報ページ

DORA麻雀って危険じゃない?

はじめてネット賭け麻雀がある事を知った時の私の感想。

【関連】
DORA麻雀のライセンスは?

政治家とか有名人が、雀荘で「賭け麻雀」の現行犯で逮捕されている報道も多いですし。日本では完全にアウトなのが「賭け麻雀」。

厳密にいえば、事務所とか友人宅でも摘発の危険性はゼロではないですし。
しかしながら、オンラインカジノは欧州を中心に「i gaming」という公正な政府公認のギャンブルなわけです。

政府公認を受けるというこは、日本でいえば許可を得る際には厳正な審査や監査があるのと同様、「誰でも発行」では全くない事を知る事が重要でした。

DORA麻雀も「マン島」の政府公認の企業でした。
あとで、調査したのですが、審査には
  • ゲーム内容の公正さ
  • 企業の資金潤沢さ
  • 決済方法の内容
を数か月間にわたり調査するそうです。
結構厳しいと感じました。

そして、「預託金」。
カジノ【DORA麻雀】側が何かしらのトラブルでお客に払い戻しが不可能になった時の「保険」の様なものです。

これがなかなか高いそうで。(ライセンスにより額は変わる)
これだけの期間と費用をかけて「危険性」のあるサイトを政府が許すわけないなぁ。

これが、私の正直な感想です。
日本の法律ではタブーですが、当該国家では至極全うな企業の運営。
サイトに「日本から」アクセスしているだけにすぎません。
(日本語化済み)

ここで、
「賭博法」の目的を。
この法律の目的は、「胴元」と「客」を取り締まる目的があります。

(DORA麻雀の場合)
胴元=マン島拠点の企業
客=日本からアクセス


「胴元」が取り締まれない。。。
そして、現時点で日本に「客だけ」取り締まる法律が無い。
これは過去のスマートカジノ事件でも論点に。無罪(不起訴)になりました。

こういった根拠から、DORA麻雀の危険性(法律的に)は、ほぼ心配ないかと。
楽しさの危険性は、新型コロナで追加されたレートもあるようで増加しているかも!

DORA麻雀の詳細はこちらより

公務員の方が賭け麻雀を日本の雀荘でして摘発されると何かしらの社会的ペナルティが有りますが、無い方法もあります。

【関連記事】
新潟水道局 賭け麻雀事件に関する当サイトの記事

公務員 賭け麻雀 処分の種類に関する当サイトの記事

このブログでもご紹介することがあるネット賭け麻雀です。
でも、今回はもっとエキサイティングな情報を入手しましたのでそれをシェアします。

それは、世界のメガロトなどの結果にベッティングできる方法です。
日本では違法の「ノミ屋」と同じ方法なのかな?
あ、でも政府発行許可を保持していて合法です。


世界の宝くじに賭けて大きく稼げるサイト

このサイト何が凄いか?なんですが。
えげつない額の当選額が用意されています。
出金上限金額は無制限です。

3,000億円当たるかもしれませんw

それは要らんw
という方へ

2桁億当たるかもしれませんw

2桁もいらんすか?
であれば、500円で1,000万円あたるスクラッチくじはいかがでしょう?


スクラッチ ロトランド


記事当時のスクラッチくじの画像キャプチャです。
私も実際に登録してみました。

入金はクレジットカードでサクッと終わりました。
3,000円のクレジットパックを購入してこれからロトを楽しもうと思います。

ロトランド 入金 02
私はジャパンネットのデビット機能を使ってみましたが、問題なく入金できました。


最後に、このロトランドというロトベッティングは、ジブラルタル政府発行ライセンスの許可を得て運営されています。
つまり政府公認のノミ屋さんですw

3,000億円当選しても上限無し支払いされるのは日本では考えられない内容で歯にでしょうか?

詳細はこちらから


どうもです(*^^)v

ネット賭け麻雀の賞金。日本では違法ですが、海外サーバー拠点であれば合法( ̄ー ̄)ニヤリ

しかも、海外の賭け麻雀は、負けたら「場所代」だけ没収されるのみ!これは参加しやすいですよね。しかも、トーナメント戦などのイベント時には高額賞金も用意されているのでワクワクです。

【関連記事】
ネット麻雀 賞金


前に「MCフェスティバル」が開催されている、mahjongclub(麻雀クラブ)について書きました。

http://doramahjong.livedoor.biz/archives/24992059.html

この、mahjongclub(麻雀クラブ)から追加最新情報が届いたので、シェアしようとおもいます 。
賞金総額800ユーロの第4回目の開催は、6月7日0:00分からスタート、6月13日の23:59分まで開催されています。
50ユーロ 4回目ボーナス

期間中に、50ユーロ以上の入金をすると、
  • イベントでの獲得賞金が1.2倍!
  • イベントの場代が10%キャシュバック!
される上に、イベント入賞順位に応じて、賞金が最大2倍になる特典も。これってめっちゃすごい事ではないでしょうか?(入賞者特別トーナメント対象者の方)

更に、入賞者特別ボーナス対象になると、四麻トーナメントエリアで特別卓への参加権利もゲットできます。

賭け麻雀を安全に楽しめる、オンライン賭け麻雀。世界中の麻雀ファンが集まって白熱した雀闘が繰り広げられています。

詳細はこちらから



↑このページのトップヘ