賭け麻雀

麻雀で賭けをして遊びたい!日本では賭博は禁止!何か方法はないのだろうか??

カテゴリ: 賭け麻雀

ギャンブルは世界中でとても古くから歴史があるわけですが、「賭け麻雀」もその代表例といえるでしょう。

アジア圏では、オリジナルの麻雀ルールで普及している国もあるくらい広く楽しまれてますよね。
さて、日本国内だと皆さんもご存じの通り、「賭博法」などで規制されているギャンブル。

基本的には「国営」の様な運営されているケースがほとんどです。つまりそれ以外の金銭を賭けてのギャンブルって違法になってしまうわけです。

日本では、賭け麻雀も 近しいところでは政治家が摘発され、辞表を提出したり懲戒処分が行われた例は記憶に新しいです。

ただ、水面下で楽しむ程度のお友達麻雀レートなら警察も黙認しているのが現状の様です。勿論、例外もありますし、基本的には「1円」でも賭けたら違法になりますので注意が必要です。

  • 競馬(農林水産省)
  • 競輪・オートレース(経済産業省)
  • 競艇(国土交通省)
  • TOTO・宝くじ(文部科学省)
  • パチンコ(警察)

日本のギャンブルと管轄の一覧。
これ以外は「違法」。(国内だと)

最近、ネットでも話題のオンラインカジノなどは、この国営ギャンブルの様に海外で正式に政府に許可を得ている企業が運営しています。大体6か月間は最低でもカジノ企業は審査されます。

この、正規オンラインカジノは、現時点の法律では裁かれる内容が存在していません。この為ラスベガスやマカオなどで日本人観光客がカジノを楽しんでいても、日本の警察が摘発しに追いかけてくる可能性は皆無に近いでしょう。ルパンと銭形のとっつぁんの関係性の方なら安全とも言い切れませんがw

あくまで、現段階の法律の時点と書かざるを得ないですが、個人的見解でも、諸外国(主にヨーロッパ)で合法的なものを胴元の摘発なくしてプレイヤーの逮捕の可能性はとても小さいでしょう。

海外カジノの圧力もあるかもしれないですし、イギリス属国諸島そのものから、国際問題発展の可能性のある圧力も予想できます。余談ですが、日本もオンカジを国営事業にすればよいのにと感じてしまいます。

因みに、このシステムで「賭け麻雀」ができるサイトもあるので、麻雀ファン(賭け)の方は、安心して楽しむことができますよ。
勝ち金は勿論換金できますし、負けても「場所代」だけしか掛かりません。負け賭金は掛かります。

国際的なバランスから見ても、オンラインカジノや賭け麻雀、ロト・キノ・ライブカジノなどは、どう見ても効率的で経費を下げれて、顧客も喜ぶ問いう一石二鳥どころでは無いと思ってしまいまス。

【関連記事】
当サイトの正規賭け麻雀サイト情報ページ

ハイレート麻雀。麻雀の腕に自信のある方には気になるワードでしょう。
同じ役満での和了も、ハイレート卓であれば更にエキサイティングになりますよね!

今回はネットでお金を賭けれる麻雀サイトで高レート卓アリのサイトをご紹介してみようと思います。

【麻雀クラブ】
賭けレート:1ドル~256ドル


麻雀クラブ

プレイヤーのレベルに合わせて豊富なレートから卓を選択できる麻雀クラブ。
中にはmahjongclub(麻雀クラブ)だけで生計を立てているプレイヤーもいます。
勿論、正規ライセンスを保持している合法賭け麻雀サイトです。

【DORA麻雀】
1ドル~384ドル

dora麻雀 200

DORA麻雀

最高256/384ドル、最高獲得金額は1,152ドル!
オメガパンサー卓が最高レートです。

誰か一人でも飛んでしまうとそこでゲーム終了ですので、実際に最高額を獲得する方は少ないでしょう。(384ドルのときに最高獲得額に)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
いや~。
凄いレートです。
私は手が出せないですが、高レート卓で楽しもうとされている方には嬉しい事ですよね。

ネット賭け麻雀はできるだけ登録人数が多いサイトがおすすめです。

理由は
「対戦相手が見つからない。ライセンスは本当に正規?」

なんて心配が皆無だからです。

賭け麻雀を違法化しているのは紛れもなく法律であるが
麻雀=賭け事なのも古来から決まっていることで、法律ができる前の話でもある。


とはいえ、雀荘で楽しんでいていきなり「摘発」されて面白い人はいないだろう。
因みに、雀荘の摘発の多くは通報。

摘発されたことがある方は、24、のジャックバウワーの様な人物に依頼し調査してもらうのもいいかもしれない。

冗談だが。



賭け麻雀はネットだと合法的に行える。
雀卓もネット上でリアルには到底かなわないのは間違いないが、賭け金においては本格的な内容だ。

普段のレートがどのようなレートであるかは知る由もないが、相当の手練れでも冷や汗をかくらしいレート設定もあるそう。

オンラインの麻雀ゲーム(MJとか)と感覚は似ているが、現金を実際に賭けれる。
リャンピンだろううが何だろうが、合法なので誰に文句も言われない。

ただ、ゲーム感覚という「生」感だけはそこでは感じれない。
技術進歩で、感覚までもネットで再現できるようになれば、リアル雀荘賭け麻雀も実現するかも。

賭け事。
麻雀を賭けて遊ぶだけで、懲戒解雇される?
かもしれない?

そんなビクビクしながら賭け麻雀をしているという、公務員の方は少なくありません。
おこちゃまレートでも、もし通報されたらヤバイですもんね。

そんな公務員の方には、無料で参加できるトーナメントがあるネット麻雀(賭け)がいいかもです。


最大10000ドルの賞金は、外貨→日本円で口座に着金も、もちろんします。
で、参加費用無料ですからw

ヤバくないです?この性能。
雀荘で密告されて社会的地位を失っているのは無知なのかもしれないですね。。。

12月から始まるそうです。
要チェック。

公務員の方が賭け麻雀を雀荘でしていることが発覚するとどうなるのか?
懲戒処分される場合がほとんどでしょう。

懲戒の種類は、非違行為の程度によって、重い方から、
(1)免職、(2)降級(降任)、(3)停職、(4)減給 、(5)戒告(譴責:けんせき)の順に
処分されます。 

国家公務員法第82条と、地方公務員法第29条に定められています。

つまり、雀荘で賭け麻雀するのはあまりにもリスクが高いと言えます。
合法且つ、大衆の目にさらされない方法を選ぶべきです。
その方法は→コチラ

↑このページのトップヘ