賭け麻雀

麻雀で賭けをして遊びたい!日本では賭博は禁止!何か方法はないのだろうか??

2019年12月

雀荘で賭け麻雀している方!

http://doramahjong.livedoor.biz/archives/cat_328091.html


ご家族や社会的地位を危険にさらしてまでやりたい気持ち、理解できます。
そもそも、麻雀は賭けてなんぼです。
ハイレート卓が好きな方は特に。

クジャク

スマホでもPCでも打てる「DORA麻雀」の4人麻雀の最高レート卓「クジャク・赤」。
4人集まらないと開かれないけど、白熱の雀闘になるのは間違いない卓。


ここで賭け麻雀するのは、少なくとも家族と社会的信用を危険にさらすこと無く遊べます。
雀荘仲間もきっとご存知の方もいるでしょうが。






こんにちわわです!

今回は、スマホで遊べるかけ麻雀で、ご存知のDORA麻雀の、役満キャンペーンのお知らせのシェア情報です。



大好評速攻役満キャンペーン"年末年始"開催決定!
期間は2019/12/25水曜日より開催!

予算$1,500+$1,500で総額$3,000の特別キャンペーン!!



なるほど!
クリスマス25日から始まるようです。



『総額$3,000』
『順位ボーナスあり』
『回数ボーナスなし』
『開催期間は2019/12/25~2020/01/05』
『プレイヤーポイント1000未満は上限$10』
『12/27~1/5までは残りボーナス額告知なし』


期間は来年〈2020年〉1月5日まで。
総額3000ドルが用意されてます!
これは楽しみです。

最後に、役満キャンペーンのルール情報になります。



当役満キャンペーンのルール・説明になります。

『役満キャンペーンとは?』

1.役満を和了ってハンドIDをサポートまでメールを送る。
2.運営側で確認できればボーナスが受理される。

以上!
とても簡単な役満キャンペーンです。

ハンドIDとはゲーム右上に存在する『局ID』のことです。

当キャンペーンで、プレイヤーポイント1,000未満のプレイヤーが受け取れる上限は$10です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
プレイヤーポイント1,000以上の方は受け取りに上限はありません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



定期的に行われる役満キャンペーン。
プレイヤーにはメリットいっぱいです!

新年の打ち始めにも良いですね。

今回のテーマはオンラインカジノの歴史についてです。
オンラインカジノの歴史は、1994年、「アンティグア・バーブーダ」が世界で初めて発行したライセンスから始まったとされています。

アンティグア政府がオンラインカジノを合法化し、オンラインカジノ運用ライセンスを政府が発行しました。
これにより、周辺のオンラインカジノ関連企業も動き始め、オンラインカジノの誕生の時が近づいてきます。

  • 1994年 世界発のゲーミングプロバイダ(マイクロゲーミング社)が誕生
  • 1996年 世界初のオンラインカジノが誕生 「インターカジノ」という。
インターカジノは現在でも世界最古のオンカジとして存在して、世界で最も大きなオンラインギャンブリング企業の一つになっています。

【関連記事】
 →DORA麻雀のカジノ運営ライセンスの種類

こうして、世界の小国でも収益を見込める事業として、オンラインカジノを合法化して運営ライセンスを発行する政府が増え始めます。

余談になりますが、日本のギャンブル市場は世界的に見ても巨大市場です。最盛期のパチンコ産業の全体の収益は30兆~40兆ともいわれています。これに対して、世界最大のオンラインカジノ会社でも年間4兆円くらいなのです。いかに日本がギャンブル大国なのか?を示す数字ですね。

これが海外のオンラインカジノ企業が日本へ参入している一番の理由です。
パチンコ業界は出玉規制も重なり、衰退気味です。これに乗ずるようにオンラインカジノの認知度は少しづつ上がってきています。

賭け麻雀に関するお得な情報をシェアしますね!
この賭け麻雀はスマホやPCでできてしまう優れものです。!
注:怪しいものではないですよ!

賭け麻雀 トーナメント
(ブログ内リンク)


12月22日から開始されている無料トーナメント。無料なのに10000ドルの賞金を山分け!キャンペーンは常時開催されているのでチェックしてみてくださいね。

DORA麻雀の取得しているカジノ運用ライセンスは「マン島」のライセンスです。
アイリッシュ海の真ん中にある島です。マン島は国ではなく、島です。イギリスでもないんです。

マン島の制度は古代の歴史に則り、「自治権」を持って政策をとっているという変わった制度になっています。そのマン島が発行する、カジノ運営ライセンス「マン島 ライセンス」は、2001年からスタート。
ライセンス料金は、35000ポンド(年間)、信頼性には定評があるライセンスです。


マン島と言えば、有名なバイクレースがありますね。観光では、古城などが有名で絶景が楽しめる場所で知られています。

↑このページのトップヘ