賭け麻雀

麻雀で賭けをして遊びたい!日本では賭博は禁止!何か方法はないのだろうか??

ご訪問ありがとうございます!このブログは「賭け麻雀」についてのブログになります。 その為、未成年の方のサイト内のカジノサイト(海外運営)へはご遠慮願います。賭け麻雀は20歳になってからw(身分証提示時に露呈するしね)
*当サイトでご紹介していた「麻雀クラブ」はサイトの整合性が確認できなかったため削除しました。

ギャンブルは世界中でとても古くから歴史があるわけですが、「賭け麻雀」もその代表例といえるでしょう。

アジア圏では、オリジナルの麻雀ルールで普及している国もあるくらい広く楽しまれてますよね。
さて、日本国内だと皆さんもご存じの通り、「賭博法」などで規制されているギャンブル。

基本的には「国営」の様な運営されているケースがほとんどです。つまりそれ以外の金銭を賭けてのギャンブルって違法になってしまうわけです。

日本では、賭け麻雀も 近しいところでは政治家が摘発され、辞表を提出したり懲戒処分が行われた例は記憶に新しいです。

ただ、水面下で楽しむ程度のお友達麻雀レートなら警察も黙認しているのが現状の様です。勿論、例外もありますし、基本的には「1円」でも賭けたら違法になりますので注意が必要です。

  • 競馬(農林水産省)
  • 競輪・オートレース(経済産業省)
  • 競艇(国土交通省)
  • TOTO・宝くじ(文部科学省)
  • パチンコ(警察)

日本のギャンブルと管轄の一覧。
これ以外は「違法」。(国内だと)

最近、ネットでも話題のオンラインカジノなどは、この国営ギャンブルの様に海外で正式に政府に許可を得ている企業が運営しています。大体6か月間は最低でもカジノ企業は審査されます。

この、正規オンラインカジノは、現時点の法律では裁かれる内容が存在していません。この為ラスベガスやマカオなどで日本人観光客がカジノを楽しんでいても、日本の警察が摘発しに追いかけてくる可能性は皆無に近いでしょう。ルパンと銭形のとっつぁんの関係性の方なら安全とも言い切れませんがw

あくまで、現段階の法律の時点と書かざるを得ないですが、個人的見解でも、諸外国(主にヨーロッパ)で合法的なものを胴元の摘発なくしてプレイヤーの逮捕の可能性はとても小さいでしょう。

海外カジノの圧力もあるかもしれないですし、イギリス属国諸島そのものから、国際問題発展の可能性のある圧力も予想できます。余談ですが、日本もオンカジを国営事業にすればよいのにと感じてしまいます。

因みに、このシステムで「賭け麻雀」ができるサイトもあるので、麻雀ファン(賭け)の方は、安心して楽しむことができますよ。
勝ち金は勿論換金できますし、負けても「場所代」だけしか掛かりません。負け賭金は掛かります。

国際的なバランスから見ても、オンラインカジノや賭け麻雀、ロト・キノ・ライブカジノなどは、どう見ても効率的で経費を下げれて、顧客も喜ぶ問いう一石二鳥どころでは無いと思ってしまいまス。

【関連記事】
当サイトの正規賭け麻雀サイト情報ページ

賭け麻雀がネットでできるDORA麻雀はイカサマしているかどうか?
ふと気になり、調べてみました。

結論的には「イカサマ」する意味がないというものでした。DORA麻雀をはじめとするネット麻雀ができるサイトは、オンラインカジノの許可やプラットフォームを利用しています。

イメージ的に言えば、そういったサイトは「場所」を提供することで収益を得ています。つまり、プレイヤーが多くいて、沢山麻雀を楽しんでくれることが企業の目的なわけです。

オンラインカジノのライセンスは半年以上をかけて審査されたのちに許可がおりるものですが、「RNG・ランダムナンバージェネレーター」の精度の審査も非常に厳しいものになります。これは、乱数発生器といって、完全にランダムに数字を発生させるものになります。

これらの理由から「イカサマ」する意味がない事と、不正に牌を操作することが不可能がお分かりいただけたでしょうか?

これは余談ですが、友人のDORA麻雀を普段から毎日のように遊んでいる人曰く、「入出金」に関して全く問題ないという感想を話していました。
その時も、場所代だけしか運営は回収していないと言っていました。

DORA麻雀でいうならば、配牌の出目のランダムさに「乱数発生器が」用いられます。

公務員でも安心して遊べる賭け麻雀はこちら

【関連人気記事】

賭け麻雀 公務員

今回は麻雀広場の紹介コードについてです。
2020年2月末の時点では、麻雀広場登録時の紹介コード欄は未入力で大丈夫で(入力無しでも損しないという意味)

最近、私も「麻雀広場」に登録したのですが、アカウント作成はすぐに終わりましたしシンプル・簡単でした。

ニックネームは他と被らいないものを求められます。(これに少し悩んだ程度w)
むしろ、入手金には本人確認書類提出を求められますが、そちらの方が手間がかかる?

住所確認などがしっかりしているという事は、カジノ企業が不正などをしっかり監視しているていう事なので、実は信頼性が高いとも言いかえることができます。
因みに、賭けマージャンサイト(麻雀広場)やオンラインカジノは同じ運営ライセンス申請をして、6か月超えの審査を経て初めて運営を許可されるものです。


 
麻雀広場公式サイト


【関連人気記事】

ドラ麻雀紹介コード

DORA麻雀は危険なのか?
というテーマは割とよく検索されているキーワード。

それだけ、ネット賭け麻雀をしたいけど、法的に問題がないか?を心配している方が多いという事でしょう。

結論から言うと、法的には「グレー」であることは間違いないと思います。ですが、過去の事例にもあったように、オンラインカジノの国内逮捕者が略式起訴ののち、無罪になった事実は大きいと言えます。

なぜなら、今後同様の事例発生の際には、この事例を議題に出すことができるからです。裁判の結果は非常に強力な効力を持つ事実なんですよね。


DORA麻雀は場所代が10%【勝ち額】だけです。負けた際は必要ありません。この点も魅力の一つといえますね。


今回は、DORA麻雀の危険性について触れてみました。
限りなく危険性は低いですが、100%法律で守られていると言えば嘘になります。
大切なのは、現時点の法律で、他国の合法カジノに対して日本人がプレイすることを禁止する法律が存在しないという事です。

【関連する人気記事】

公務員が賭け麻雀してバレるとどうなる

↑このページのトップヘ